iPhoneやMacなどApple製品の情報・オススメできる商品レビュー・地元徳島ネタなど様々なことをお届け

つよらぼ

ワークスペース

快適で効率がよいデスク環境にするために、デュアルディスプレイにしたい

更新日:

ブログを始めてもうすぐ3ヶ月が過ぎようとしています。ブログは面白い! そう思うようになりました。

しかし、自分のデスク環境にある悩みを抱いています。

僕は15インチMacBook Pro 2017だけでブログを書いています。

このマシンは非常に素晴らしいマシンです。Retinaディスプレイを搭載し、処理速度も早い。性能には全く不満がありません。

新しい相棒が仲間入り!! フルカスタマイズした15インチMacBook Pro 2017を開封レビュー

ついにやってきたぁぁぁ! クールでスタイリッシュな高スペックパソコン。15インチMacBook Pro 2017を手に入 ...

ただ、一つだけある不満。それが、作業スペースが狭いということ。

作業スペースとは、画面の広さの事。そう、15インチMacBook Proのディスプレイだけでは、手狭に感じているのです。

ここ最近ずっと悩んでいます。ディスプレイが欲しい

なぜ僕が、ディスプレイを欲しいと思うのか。また、どんなディスプレイが欲しいのか、お伝えしたいと思います。

Tsuyoshi
どうも! 快適な環境でブログを書きたい。そう悩んでるTsuyoshi(@number244_)です。

ディスプレイが欲しい2つの理由

僕がディスプレイを欲しいと思う理由は2つあります。

1.15インチMacBook Proだけでは狭い

Dual display desk 01

まず一つ目の理由がこちら。

僕のブログを書いている環境は15インチMacBook Pro 2017のみ。ブログを書いてるときには複数のアプリを起動した状態で書いています。

ブログ執筆時に起動しているアプリ

  • MarsEdit
  • CloudOutliner
  • Safari
  • Appleメモ
  • Evernote

最低限これだけ開いています。あとはこれに画像編集が入ると

  • Skich
  • Keynote
  • Photoshop
  • Lightroom
  • Finder

などなど。

リストアップしてみると、9つもアプリを立ち上げてるじゃないですか。

これだけ開いてたらそりゃ狭い

そりゃ9つも開いてたら狭いのは当たり前ですよ。 何回もクリックしてアプリを切り替えなければなりません。もうそれが煩わしい。

画像編集してるときが特に狭く感じる

画像編集するときって複数のアプリを行ったり来たりするんですよ。

その上、ファイルも管理しないといけないのでFinderの画面も常に開いておきたい。

もう一枚ディスプレイがあるだけで作業がしやすくなるんだろうなぁ。僕はそう感じています。

2.会社の環境のほうが良い

Dual display desk 02

実は、僕の家より会社の環境のほうが良いんですよ。会社では24インチフルHDディスプレイを2枚使っています。

そこら辺に転がってたディスプレイ使って勝手に良い環境にしちゃいました。

他の人は、ノートPCと17インチくらいのディスプレイの2枚構成。

僕だけ、24インチのディスプレイ2枚使っています。僕の机だけ、ディスプレイに囲まれて他の人の顔が見えないんですよ。

でもこれがめちゃめちゃ仕事しやすいんですよ。

24インチディスプレイ2枚の環境にしてから仕事が捗るようになりました。

おかげさまで残業がなくなりましたww

作業スペースが広いと言うことは、効率よく作業が出来るという事なんです。

ディスプレイに求める4つの条件

Dual display desk 03

快適な環境を手に入れるために、ディスプレイの購入を検討しています。

僕がディスプレイに求める4つの条件をお伝えします。

1.フルHD以上の画素数

一つ目の条件はこちら。

今時のディスプレイは最低ランクがフルHDだと思います。

どのディスプレイを選んでもこの条件はクリアできそうです。

2.24インチくらいのサイズ

会社で使っているディスプレイのサイズが24インチ。このサイズ感が結構いいんですよ。

27インチのサイズも大きくて良いかもしれませんが、27インチでフルHDだと画素の粗さが気になるんじゃないかと思います。

あんまり変わらないかもしれませんが。

3.ある程度正しい色が表示される

Dual display desk 04

僕は一眼レフカメラを使ってよく撮影に行きます。そしてLightroomを使ってその写真を編集します。

写真を編集するためには、色を正しく表示することが可能なディスプレイが必要です。

あくまで趣味なので、ある程度正しく表示できればいいと思っています。

厳密な色合わせが必要になるとディスプレイだけで10万とか超えちゃいます。さすがに高い。

15インチMacBook Proは工場出荷時にキャリブレーション済なので正しい色を表示できているんですよ。

なので、写真の編集のときだけはMacBook Proのディスプレイを見ることにして、購入するディスプレイに完璧は求めなくてもいい。

4.安い

僕がディスプレイに求める条件の中で一番重要なのがこれ。安さ。

性能もいい、かつ値段が安いディスプレイ。そんな都合のいいものありません。

だからコストパフォーマンスに優れているディスプレイを求めます。

本当は4Kディスプレイが欲しい

実は本当に欲しいものは4Kディスプレイなんです。写真を編集するには4Kのほうが細かく表示できるのでピッタリ。

でも、4Kともなると価格がかなり跳ね上がります。

僕は今、ブログを快適に書ける環境を求めているので、4Kまでは必要ありません。

写真を編集するときは、Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proの方ですればいいんです。

欲しいディスプレイの候補

僕がディスプレイに求める条件を踏まえて、幾つかのディスプレイが候補に上がってきました。

ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR


一つ目はコレ。値段がかなり安くてAmazonレビューの評価も上々。フレームレスでこれを複数枚並べるにはピッタリ。

フリッカーフリーやブルーライトカットも搭載しているので性能も十分。

ただ色がキレイに表示されるのか、そのあたりがよくわかりません。

LG 24MP48HQ-P 23.8インチ

2つ目はコレ! こちらもフリッカーフリーやブルーライトカットを搭載しています。

LGといえば、MacBook Pro 2016に合わせてLG UltraFine 5K Displayを発売しましたよね。

かなり値段が高いディスプレイですが、品質は相当良いとのこと。

LG製のディスプレイがどんなものか気になっちゃいます。

LG  24MP88HV-S 23.8インチ 4辺フレームレス

3つ目はコレまたLG! フレームレスなこのディスプレイ。スタイリッシュでかなりカッコイイです。

アルミのスタンドはMacBook Proと相性バッチリ。色の正確性もかなり良さそうです。

しかし値段が3万円近くとかなり高い。もうちょっと出せば4K買えちゃいます。

FlexScan 23.8 -RBK

先程のLGのディスプレイに1万円追加すると購入できちゃいます。

EIZO製のディスプレイは色を正しく表示できると高評価です。写真編集するにはピッタリ。

ただ、4万円近くするので非常に高価。

ディスプレイの最高峰といえばEIZOと僕は思ってますので、いつかは手に入れたいですよね。

Philips 23.6型 (PLSパネル/フルHD/5年間フル保証) 246E7QDSB/11

一番最有力候補がコレ!Philips製のディスプレイ。

今まで紹介してきたIPSパネルのディスプレイより、更に良いと言われるPLSパネルを採用。どんなものか詳しい事はわかりませんが、ヤバそうです。

表示できる色が多いらしく、とてもキレイとのこと。なのに低価格。

僕が今一番いいなと思っている商品です。最有力候補。

広大な作業スペースを手に入れて効率を良くする

15インチMacBook Pro 2017とは別に、ディスプレイを追加すると作業スペースが広くなります。

作業スペースが広くなるということは、効率がよく作業する事ができ、作業のクオリティを上げることが可能ではないでしょうか?

僕のこのブログにも、もっと面白い記事を書けるようになるかもしれません。

デュアルディスプレイ。非常に楽しみだ。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Tsuyoshi

書きたいことをひらすら書く。 完全自己満足なブログを書いています。 最近は満足したのか、更新頻度が低め。 今は新たな目標を探している途中。

-ワークスペース
-,

Copyright© つよらぼ , 2019 All Rights Reserved.